光があまり届かない家だと

石油や天然ガスといった資源エネルギーには限りがありますが、太陽光発電は太陽が地球に光を届けている間は無限に使えるエネルギーを、家庭用の電力に替えるシステムです。 原発のように大きな事故を起こす心配もなく、放射能を出すこともないクリーンなエネルギーとして注目を集めています。 太陽が出ている間は電力を自給自足し、太陽が出ていない夜は電力会社から買電します。 余った電力は電力会社に売電することも可能なので、家庭の電気代を節約することが出来ます。 太陽が出ていて発電できる状態なら自立運転モードに切り替えすることで停電していても電力を使用できます。 蓄電池と連携させることも可能で、電力を蓄えておくと太陽の出ていない夜に停電しても電力を使用できます。 夜間の電気代の安い時間帯に充電池に蓄えるといった使い方も出来ます。 太陽光発電システムを導入するには最初に大きな設備投資資金を必要としますが、最近では技術の進歩で10年ほどで回収できると言われています。 一般的なご家庭の場合なら4kWの太陽光発電システムを設置すれば、70%は賄えると言われています。 4kWの太陽光発電システムの重さは400キログラムから500キログラムもあります。 メーカーの努力で軽量化されてきていますが、大きくて重たい太陽光発電システムを屋根に設置するわけですから、ご自宅の屋根に十分な強度が無いと設置することが出来ません。 大きなビルが隣に立っているなどで太陽光が届かないと太陽光発電システムで電気を賄うことは難しいです。 太陽光発電システムを施行している会社ではご自宅に設置しても十分な発電ができるかどうか現地調査を行っています。 ご自宅の屋根の状態で設置できるかどうかもきちんとチェックしており、十分は電力を賄えると判断されてからご契約することが出来ます。 もし事前調査で必要な電力を賄えないという結果が出ましたらキャンセルすることが出来ますので安心です。