一軒家だけじゃなくマンションでも

太陽光発電というと、一軒家の屋根に設置されている事が多く、新築住宅を購入するときに設置する人は多くいます。電気代だけを考えれば、投資としてみた場合には魅力的なものだと言えるでしょう。一軒家に設置する事は多いのですが、マンションなどにも設置されている事もあります。ソーラーパネルを設置することができさえすれば、どこでも設置ができますから、一軒家に限らず設置をすることはできるのです。 マンションに設置するメリットはいくつかありますが、最近では不動産投資の一環としても行われるようになってきています。不動産投資は、ここ最近では低迷していると言わざるを得ないでしょう。平均邸な空室率は上昇していますから、賃料収入の減少に悩まされているオーナーもたくさんいます。 このような状況で、太陽光発電は魅力的なものだと言えるでしょう。太陽光発電を導入する事によって、発電した電力を電力会社に買い取ってもらうことができます。これで収入をプラスにする事もできるのです。不動産投資を行っているオーナーが、投資の一環として設置する事も多くなっています。 太陽光発電が投資として魅力的な理由の一つが固定価格買い取り制度です。発電した電力を買い取ってもらうときの単価は20年間固定されています。ソーラーパネル自体は劣化することが少ないですから、20年間は安定して収入を得ることができると考えられるのです。安定して収入が得られる投資というのは、今のところは他に見当たりませんから、投資対象としての魅力も大きいと考えられます。 マンションは、一軒家と違って設置できる面積が広いですから、大規模の設置する事ができるというメリットがあります。そのために発電できる電力量は非常に大きく、収入としても魅力的なものとなります。このようなことから普及が進んでいると言えるでしょう。マンションを保有しているオーナーであれば、設置を検討してみる価値はあります。